製造の請負やODMを利用しましょう|楽々化粧品の製造

女性オペレーター

代行会社とは

レディー

輸入から販売までにかかる費用は

化粧品輸入代行会社とは、化粧品を輸入して販売したい会社の代わりに複雑な作業や手続きを行って、商品の販売までをサポートする会社です。まず、化粧品を輸入するためには、輸入前に商品が薬事法に違反していないか配合成分を分析します。この時分析項目が多いほど違反のリスクは減りますが、費用も高くなり、1製品につき5000円から70000円程かかります。次に、行政機関への販売届出に15000円程かかり、商品が輸入され、検品してから納品されます。また、商品を輸入する時にかかる税金や国内外の輸送費、商品を保管するための倉庫代、輸入代行手数料(商品代金の5パーセント程)などは実費負担となります。化粧品輸入代行会社によって料金設定がさまざまなので、事前に見積書を作成してもらいましょう。

化粧品輸入代行会社を利用してコスト削減に

大手ブランドやオーガニック系など海外化粧品は、個性的な色や香りが魅力的なこともあり、流行に敏感なおしゃれな女性に人気があります。化粧品を輸入して販売するためには、化粧品製造販売業許可を申請し、薬事法が関わる複雑な手続きが必要となります。これらを化粧品輸入代行会社を利用することで、薬剤師の人件費削減や許可申請にかかる時間やコストを削減することができます。また、新規参入などで貿易や薬事法の知識がなくてもスタッフによるサポートが受けられるので安心です。そして、化粧品輸入代行会社では、商品の輸入から販売までを一貫して行っており、専門知識を生かした作業効率や各種手続き、大手物流会社との業務提携をしているところもあり、1か月ほどで輸入することも可能です。